Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

10/7実施 H地区 (三毛メス) どうぶつ基金NO.9224 (個人依頼)

2015/10/7実施報告

この子の事は
代表ブログに詳細を載せました。


危機一髪のところで
命拾いをした子です。
CIMG0074.jpg

その後、依頼主さんのお家にケージとトイレ等を貸出して
体調管理をしてもらいました。

今じゃ外で元気に外猫として暮らしています。
ちゃっかり依頼主さん宅に居座って。

だってそこがイイって思ったんだもんね。

ここにいたら安心だってわかったんだもんね。

先生とも色々話し合いをしたんです。

今後子宮蓄膿症の子が出たらどうするかって。


やっぱり助かる命なら助けますって先生言ってくださいました。

助かるのに助けないなんてことは
したくないって。

ありがとうございます。

そうなんです。

手術すれば助かる命。

見捨てることなんてできない。

やっぱり私も同じだって思いました。


見捨てるなんて出来ないから
この子が苦しまないように
痛くないように
苦痛から解放してほしいって思うし
生きてほしいって思う。

先生ありがとうございました。

そして彼女を見守ることを選んでくださった依頼主さんにも感謝です!

三毛猫さん
無事に命を救ってもらって
生きる道を与えてもらえました!

子宮蓄膿症は
不妊手術をすれば避けられる事。

不妊手術をしないまま
繁殖させたりするから
こうやって苦しむ子が出るんです。

先日も飼い猫さんで自家繁殖させようと妊娠させた飼い主さんが居ました。

妊娠1カ月過ぎて膣からの出血があり
相談がありました。

速やかに病院に受診してください。
膣からの出血なら
流産、子宮蓄膿症、
排尿時の出血なら膀胱炎等。

もし子宮蓄膿症なら破裂したらアウトです。

急いで受診してもらいました。
(翌日になってからですけどね)


結局赤ちゃんは流産、
そして子宮蓄膿症で全摘。
つまりもう妊娠出来ないからだになりました。


でも
そういう知識のない飼い主の元で
産まされるお母さん猫は不幸になるだけ。
だから手術出来てよかったと思います。


どうして知識のない人間が
繁殖を試みるのか。

私にはわかりません。

子孫を残してあげたいと思う気持ちはわからんでもないけど
でも産むのは猫です。
あなたじゃない。

苦しむのも痛いみと戦うのも
猫です。

あなたじゃない。


結局この飼い猫さんは
あと少し遅かったら
亡くなっていたでしょう。


もう1匹いるオス猫さんにも早急に去勢をするよう伝えましたが
どうなることやら・・・


安易な思考での安易な繁殖は
絶対禁止です。

遺伝子の勉強とか
そういう知識を得て
本当に必要かどうか、自分のお家の猫さんに出産させることが本当に正しい事なのか
よくよく考えて獣医さんともお話を聞いて
先天性疾患がないかどうかも確認してからにしてください。

不幸を増やす飼い主にならないためにも・・・
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/766-7bb20234

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>