Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2/5実施 K地区 TNR⑬ キジ白 オス 子猫 協働事業

2016/2/5実施報告

現場の詳細は1番の子の記事に掲載中。

⑬キジ白 オス 子猫 
フロントライン 去勢手術 耳カット

4日手術の子たちがリリースを控えている状態で
4日の夜に再度捕獲に向かってやっと捕獲できた子・・・。
この子1匹捕獲できるまでに2時間位粘ったけど・・・この子しか捕獲できなかった。
この日もバラマキ給餌者に妨害されてね・・・
1455629369927.jpg
この子だけ捕獲できてこの子だけ6日にリリースしました。

ばらまかれたドライフードは
管理している申請者の給餌者さんが
毎日掃除してくれています。
CIMG1327_20160217000939626.jpg

誰も食べない餌のために
(カリカリで満足して散っていく子たちはテッペンの部分しか食べてないっぽい)
大量の餌を買い、安い餌をばらまいていく。
お金の無駄だし、これだけの量を毎日ばらまくってことは
1週間で2キロ位ばらまいてると思います。
という事は1か月で10キロ近く・・・
無駄にばらまくお金があるなら
TNR費用にしてほしいもんです・・・
こういう給餌者に限って手術代は出さないんですよ。
野生の生き物にメスを入れるなんて!って怒りだしたりする。

この子たちは野生の生き物じゃないんですけどね。
何を言っても理解してくれないしそもそも理解する気も無い・・・。

どうしたもんだかね・・・


1455629118017.jpg

ちなみにこの子は片目が見えていません。
今は光を感じるだけってレベルだと思われます。
そのうち眼球が解けて無くなってしまうでしょう。
猫カゼが原因。

外猫が片側の視力を失うということは
危険に晒される頻度がUPしてしまうってことです。

交通量の多い場所ですから
交通事故が心配・・・
かといって保護は出来ない。

6日明るいうちにリリースしました。
大急ぎで寝床に走って行った彼の姿を
また見ることが出来るのか
野良猫として生きている以上、
明日また必ず会えるってことはありません。
別れは突然です。
毎日「また明日ね」って約束が出来ない程に
野良猫の生活は過酷なのです。

誰にも守られることなく
自分の力で精いっぱい今を生きるしかない。
生まれながらにしてそんなギリギリの生活してるから
ストレスも多い。
危険に晒される頻度も相当です。
だから野良猫の平均寿命は3年前後と言われています。


この現場のTNRはこの子でひとまず終了です。
予算が微妙な金額しか残ってないので
残りの子は来年度になるかなと思いますが
メスが居れば早急にTNRしたいところです。

でもその前にバラマキ給餌者をどうにかせねば・・・なのです。
関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/05/15 14:40 | |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/840-06470897

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>