Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

3/22 H地区② TNR実施報告 茶白 オス 成猫

2016/3/22実施報告

給餌者宅と捕獲器設置に適した場所は
目と鼻の先なのに
車で捕獲器を移動させるにも
歩いて捕獲器を移動させるにも
住宅街の為ぐるーーーーーーっと回らないといけません。

何往復したことか・・・。

特にこの子を捕まえるために
何度も何度もぐるぐると・・・

CIMG1619.jpg
茶白 オス 成猫(1才位)
去勢手術 耳カット フロントライン済み

この子もお腹がそこまですいていないんだけど
捕獲器のご飯が気になって
ウロウロしながら手前のご飯だけ食べて一度撤収しちゃって
困った困ったとうろうろしてたらまた捕獲器の中に入ってくれて
あと一歩、あと一歩だぞ・・・
もう少し・・・って感じでジリジリと入ってくれました。

CIMG1640.jpg
イケメンね。
いい感じでご飯も貰えてるみたい。
毛艶が野良っぽくない。

この子たちが生き延びるには
給餌者さんが元気でなきゃいけない。

このご近所で他に給餌をしている人が居るかわからないけど
このご近所にもう1つ現場があるのと
お散歩がてらにあちこちに餌をまいている人が居るので
その人の目に留まれば餌に苦労はしないでしょう。

でも餌場にされた土地の人はどうでしょうね・・・。

最期までお世話をするのがルール。
最期まで面倒見れないのに一時的な感情で給餌する人が多いので
現場に残されている子たちは
人間を頼るしかないですから
給餌者が亡くなればゴミあさりをしたり
餌場探しをしていくしか生きていく道はありません。

外猫を管理するうえで一番重要なのが
餌を与えすぎない事。そして餌を毎日必ず与える事。
それも十分な量を与える事。
そして置き餌はしない事。
食べ終わったらすぐ片づける事。

餌を与えすぎると下痢をしたり糞の量が増えます。
そうすると苦情のレベルが一気に高まります。

そして与えすぎによる病気の発症。

外猫の管理はいえねこの管理よりもとても大変なんです。

外に出ている子たちの活動範囲は
給餌者が考えている以上に広く
そして給餌者が思うような穏やかなモノではありません。

猫は外で自由気ままに生きてるのが一番いいって言うのを聞きますが
それは昔の話。

今のように人口が増えて住宅がどんどん作られ田畑が埋められ
車や自転車の量が増えて危険が増えたコンクリートだらけの世界に
猫が安心して暮らせる空間は外にはありません。

今を生きるという言葉がありますが、
飼い主のいない猫たちにとってまさにそれなのです。

今を生きてるんです。
今を精一杯生きているんです。

関連記事
スポンサーサイト

| 2015年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/857-649059af

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>