Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

8/13実施 YK地区④ TNR実施報告 キジ三毛 メス 【管:2016-0029】

2016/8/13実施報告
不安そうな顔をしている女の子。
出産経験はありそうです。
20160813-4-1.jpg
プスのママンはダレなのか。
全然わかりません。
20160813-5-2.jpg
プスのママはまだ捕獲出来てない子なのかこの子なのか
もう1匹の子なのか・・・
CIMG3086.jpg
痩せた体で
育児しても母乳も足りない。
更には奇形が生まれる。

お母さんの体は
出産のたびにボロボロになっていく。
出産回数が多ければ多い程
子宮は本当にボロボロでうすーく伸びきってしまいます。
子宮蓄膿症になる子だっています。

子宮蓄膿症になったまま
お腹の中で子宮が破裂してしまえば
あっという間に死んでしまいます。
痛みに苦しみながら死んでいきます。

そうならないためには
TNRしかないのです。
お家で飼ってもらうことも出来ない
外で生きるしか生きるすべがない子たちには
TNRをしてあげるしかありません。

彼らが可愛そうな存在にならないためには
外猫としてでも生きる道を作ってあげるためには
TNRをしてあげるしかないのです。

彼らの命を
安心して見守るために
TNRをしていくしかありません。

彼らの命は
「野良猫」というくくりでまとめられて終わるほど単純な存在じゃありません。

彼らの命が
誰かを救ってることも事実。
彼らの命が
誰かの命を脅かしているのも事実。
彼らの命が
この世に存在しているのは
人間がそこにいるから。

人間に依存しなければ生きられない猫が
少しでも幸せに暮らせるためにはTNRしかありません。

でもTNRが解決策ではなく
TNRが万能なわけでは無く。

給餌者がきちんと管理対応してくれたなら
地域に住む猫として
穏やかに見守ってくれる人が増える確率が増えるだけであって
彼らの過酷な生活は
そこまで大々的に変わることはありません。

茅ヶ崎から
飼い主不明猫がゼロになる日はまだ遠い。
でも今こうして現場に入れたことで
改善への第一歩です。

そう思って前向きにとらえて
TNRを進めていくしかない。
関連記事
スポンサーサイト

| 2016年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/935-e09aa5d8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>