Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

8/15実施 H地区(S邸)② TNR実施報告 白茶斑 オス 成猫  【管:2016-0040】

2016/8/15実施報告
H地区で予定していた子じゃないけど
喧嘩ばっかりしてた男の子。
無事に捕獲できました。
14022281_1045143388934170_460000952786424649_n.jpg
依頼主さんから早朝に電話があり、
15日の朝に現場に回収に行ったんだけど
「え~!なに?これ聞いてないし」って顔される。
13932933_1045143405600835_5472451621817602020_n.jpg
住んでいる地区と違い
交通量の多い病院で撮影。
走る走る車を目で追いながら
「オバチャン、僕をどうするつもりでしょうか。」と訴えてくる。
CIMG3114_20160816131958be9.jpg
この現場の捕獲の翌日、
隣の地区での一斉TNRをしてた時
チャリにのったおじちゃんが興味をもったようで
声をかけて来てたんだけど
「や~オレは猫じゃなくてよかったわ!」って言いました。

人間はタマ取られずに済むって意味なんですけどね。

彼らだって取ってほしくて捕獲されてるわけないじゃんね。

私たちだって好きでとるわけじゃないし。
タマ収集家でもなんでもない。

飼い主が居ないねこ。
餌やりさんが居るのに所有権を主張してもらえない猫。
「ウチの子じゃ無いのよ、ご飯は食べに来てるけど」っていう中途半端な接し方しかしてもらえない猫。

そういう子がこれ以上増えないように
女の子は子宮と卵巣を、男の子はタマを取るわけで。

プリタマを見ると
無性に手術したくなるときもそりゃありますよ。
特に保護した子猫が成長していって
タマがどんどんデカくなっていくと
早くとってしまいたいという衝動に駆られる時もありますよ。

だってタマがあると
TNRしていく子たちのプリタマを思い出すから。

ぎゃおーギャオーって発情の声。
ジャージャーとスプレーしていって臭いのなんのって
そうなる前にタマを取れば
いつまでも可愛らしく
スプレーもせず
にゃおん♪って可愛い声で甘えてくる僕ちゃんたちになるわけです。

生後半年でタマトリの儀をして
晴れて大人猫の仲間入りっていう感じになる我々にとって
外猫さんのプリタマを取ることは
人間と共存するためには必要不可欠で
不幸の連鎖を止めるため・・・ゴメンネ。って言いながら取るわけで。

人間のタマは取りませんよ。
取るなら自分でどうぞって感じだし。

男性ほど、タマを取られることに拒絶反応を示しますが
女性程、タマを取ることも避妊手術をすることにも
そこまで拒絶反応を示さないのは
なんでだろ。

女性は生みの苦しみ、育てる大変さを知ってるからなのか。
何度も何度も産んで大変よねって女性の方がわかってくれる。

男性は子猫産まなくなるのが可愛そうだとか
タマを取られたらかわいそうだとか
野生の生き物にメスを入れるなんて最低だとか
そういう感覚でものをおっしゃる方が多いので
衝撃的。

高齢者のほうがその発言が多いんだけど
ちゃんと理解してくれる人も多いので
本当に一部の人だけが去勢だけは辞めてくれって言ってきますね。

男性としてタマを取られるというのは
やっぱりイヤなんだろうなぁ・・・。

わからなくもないけど
彼らの場合は生きるためにタマを取るのです。
人間のは取らないので
TNRの妨害だけはしないでほしいものです。


関連記事
スポンサーサイト

| 2016年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/tb.php/946-93acd886

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>