FC2ブログ

Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

>> EDIT

9/19実施 AB地区 K邸⑥ 黒 オス 成猫 TNR報告  【管:2018-123】

2018/9/19実施報告

どう見てもオスですって顔してるこのお坊ちゃん。
⑥黒オス1
とてもおとなしいヨイコちゃんです。
⑥黒オス2
エラも張ってないまだ若いオス。
手術頑張ろうねって言っても
ん~~~~って顔してました。
⑥黒オス5
術後の顔は・・・
「なんかやられた・・・」って顔してました。
去勢をすることで
発情することも無くなり
無駄に喧嘩をすることも無くなります。
そしてマーキングも止まる子もいますし
マーキングしてスプレーしまくる子でも臭いがかなり変わり弱くなります。
そして活動範囲も狭くなる。
活動範囲が狭くなると言う事は
事故にあう確率が減る。
他の猫と鉢合わせして喧嘩をする確率が減る。
そしてオス猫の場合は
前立腺の病気や精巣や肛門周辺の腫瘍などの予防が出来る。
TNRした猫たちの殆どは外猫として暮らし、
人に触られることを嫌がる子が殆ど。
この現場の子たちは多分術後は落ち着くので触らせてくれるようになると思います。
そしたらフロントラインを定期的につけてもらってノミ予防もできる。
でも病気になっても捕獲が出来なければ治療も出来ない。
普通のTNRする子たちは野良っ気が強いので人に触られることを嫌がり
パーソナルスペースを守りますので触れません。
だから治療も出来ない。
餌に薬を混ぜたとしても薬だけ避けてしまう子もほとんど。
だから捕獲してTNRすることで防げる生殖器の病気以外にも
無駄に喧嘩しなくなるから怪我する確率も減ります。
子孫を残さないから
これ以上猫が増えなくなる。
不幸に外猫として生きなければならない子を減らせるなら
TNRすることが一番猫にも人間にも平和的解決なんです。
⑥黒オス6
黒 オス 成猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

9/19実施 AB地区 K邸⑤ シャムMIX メス 成猫 TNR報告  【管:2018-122】

2018/9/19実施報告

多分、O邸のシャムmixと兄妹なのかな。
年齢的なものも同じ位だと思いました。
⑤シャムMIXメス1
この現場の子たちの殆どが
野良っ気がなく
比較的人馴れしています。
だからシャーもない。
攻撃性も無い。
⑤シャムMIXメス2
この子もシャムMIX。
なんでこんなところにシャムMIXが出るんだろうね。
おかしいねぇ。
⑤シャムMIXメス3
特にこの子はシャムの血が濃いように思います。
年を重ねるごとに顔周りの色も濃くなるだろうし
体も濃くなるかもしれないですネ・・・
⑤シャムMIXメス4
洋種の猫が飼い主のいない猫として・・・外猫として生きる事に
とても胸が痛くなります。
⑤シャムMIXメス5

なんで本来日本に居ないはずの種類の猫が?って。
ペットショップやブリーダーが販売した猫の子孫だと思うのですが
ちゃんと完全室内飼養で避妊・去勢して飼養してくれたら
こういう事には成らなかった。
⑤シャムMIXメス6
いつも犠牲になるのは弱者。
そんな世の中を変えてほしい。
人の意識が変われば必ず変わること。
変えられる事なんだから・・・
⑤シャムMIXメス7
シャムMIX メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

9/19実施 AB地区 K邸④ 黒 メス 成猫 TNR報告  【管:2018-121】

2018/9/19実施報告

こちらは黒猫のメスです。
④黒メス
この子も比較的若いメスだと思います。
黒猫、黒白、キジ系、シャム系。
その中でも個体把握がしにくい黒。
申請書には黒3匹だったけど
やっぱり黒は分身の術使えますから(汗)
④黒メス2

この現場で唯一救われたのは
妊娠猫がいなかったこと。
子宮蓄膿症などの子が居なかったこと・・・。
④黒メス4
メス6匹、オス8匹。合計14匹。
こんだけの数を一度にこなしてくれた先生には感謝の気持ちでいっぱいです・・・
本当に大変なんですよ・・・
茅ヶ崎市内で1人でこれだけの数の猫たちを手術できる獣医さんは居ません。
飼い主不明猫たちが「手術後元気に生きていくための安全な手術」をしてくれる獣医さんは
茅ヶ崎でCCPの協力獣医さん以外居ません。
飼い猫と同じ命だから。
飼い猫と同じ医療行為をする。
大量の猫が持ち込まれても
何とかギリギリ頑張ってこなしてくれる獣医さんは
先生以外居ないのです。

大抵の獣医さんは
1日にだいたい2~3匹が限界です。

先生のところの看護士さんも相当他の病院とは違い
仕事量も多くなると思います。
それでも必死に頑張って先生をサポートして
命と向き合ってくださっています。

私はこの先生に出会えたことが
本当にありがたいと思っています。
CCPを支えてくださる多くの方の力が
一つになって初めて1匹の命を救うことができます。
でも手術を出来るのは獣医師だけです。

いくら私が捕獲や保護を頑張っても
手術出来る獣医さんが居なかったら
CCPもこれだけの数の猫たちを手術することも
保護することもできません。
どんなに暴れん坊な子でも
しっかり個体の状況を把握して
その個体にあった処置方法をしてくださいます。
だから保護猫でも暴れん坊の子を安心して診てもらえます。

数じゃないんです。
ただ保護して譲渡しての数じゃなく
ただ捕獲して手術してリリースしての数じゃなく
その中身が一番大事なところだと思っているので
数では無い。内容がどうなのかというところを重視しています。

TNR後も現場の子たちの状態を継続的に確認しに行くのも
そういう意味を持っています。
現場の子たちがこれ以上犠牲にならないように。
適切なTNR後の猫たちの管理が出来ているか
保健所と共に確認をして回る。
そこもまた重要な事です。

④黒メス3
黒 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

9/19実施 AB地区 K邸③ 黒白 オス 4か月位 TNR報告  【管:2018-120】

2018/9/19実施報告

②の子の兄だと思います。
そっくりだし。
体形もおなじ位。
③黒白オス1
だけど風邪引いてます。。。
この子はガッツリと風邪引いています。。。
③黒白オス2
連日の朝晩の冷え込みがきて
夜の大雨。
外猫たちにとって辛い季節が迫ってきています。
③黒白オス3
暖かくなってほしいんだけど
あれだけ今年の夏が暑かったので
暑いのはイヤ・・・
でも寒いのはイヤ・・・
丁度イイ季節はもう日本には来ないのかな・・・
③黒白オス4
術後の様子は落ち着いていました。
麻酔からも覚めていたし。
でも風邪がひどいからね・・・
抗生剤の注射打ってるけど
流石にこれを治せるとは思えない。
③黒白オス5
車の中で休んでもらっていたけど
少し寒さは逃れられたかな・・・
捕獲機を積み上げてるので
他の猫たちの体温で捕獲器が温まるんです。
だから子猫たちにとっては丁度いい温度になってたハズ。
③黒白オス6
車の中での捕獲器の置く位置とかも一応気を付けています。
夏の暑い夜はエンジンかけっぱなしですから
涼しい状態ですがこの気温の状態の場合はエンジンかけっぱなしにはせずにいます。
窓だけ少しあけて暑苦しくならないように
かといって寒くならないように。
成猫たちの温度は暖かいので
成猫たちの体温を捕獲器から伝わるようにこの子たちの体温を下げないように
暖かく出来るように上下に猫たちを置いて天然保温具状態にしてもらって。
だからちょっと次の日の朝には顔が落ち着いていました。
もちろん抗生剤の注射の効果も少しは有りますけどね。
小さい体の子猫たちにとって寒暖差の激しさは風邪の原因になります。
ちょっとしたことですぐ風邪をひきますから外猫たちはとても大変な苦労をして成長する必要があるんです。
だからこそ、こういった子たちを増やさないためのTNR。
がんばらないと・・・改めて思いました・・。
③黒白オス7
黒白 オス 4か月位 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

9/19実施 AB地区 K邸② 黒白 メス 4か月位 TNR報告  【管:2018-119】

2018/9/19実施報告

現場についてすぐ見つけたのが黒白の子猫たちでした。
明らかに状態が悪く痩せていました。
風邪もひいていました。
母猫の状態も悪いから子猫も状態が悪くなる。
悪循環です。
②黒白メス1
この子、パっと見は風邪引いて無さそうでしょ。
でも実際風邪引いてます。
②黒白メス2
初期症状が出てたのでこの子も明日にはズビっとなるだろうなと・・・
②黒白メス3
お迎えにいったら
まだ麻酔が残っててウトウトしていました。
②黒白メス4
ほら、起きて。もう手術終ったよ、頑張ったね!って言っても
「ん~まだ眠いニャ・・・」
②黒白メス5
この子たちも20日の23時頃のリリースになりました。
雨の中のリリースで余計に風邪が悪化しないか心配・・・
②黒白メス6
「ママーっ!」って鳴いてました。
不安だよね、早く帰りたいね・・・
でも最後の1匹がまだ捕まってないんだ・・・ごめんね、もう少し我慢してね・・・
状態の悪い子が多い現場ですが
餌は十分にもらえていると思います。
複数のお家が給餌しているし。
それでもこうして状態の悪い子になるのは
お母さんの状態が悪いから。
母乳の出も悪かったんだろうし
初乳から得られていた免疫能力が既に切れてる状態なので
誰かが風邪引いてたらあっという間にうつります。
この現場は多頭現場ですので
何かあればあっという間に広まってしまう。
23日には晴れるから、それまで頑張って・・・
暖かくなってくれたらいいんだけど・・・
連日の雨にこの冷え込み。
人間だって風邪引いてる人が増えてしまってるのに
猫たちにはどうすることもできないです・・・
②黒白メス7
黒白 メス 4か月位 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2018年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>