Chigasaki Cat's Protect

茅ヶ崎市内限定で活動している猫専門保護団体です。茅ヶ崎市と飼い主不明猫対策として協働事業を行っております。茅ヶ崎に住む野良猫のTNR活動(捕獲→不妊・去勢手術→リリース)及び保護した猫たちの里親探し、猫飼育に関する啓発活動を行っています。 2011年6月活動開始。 茅ヶ崎の野良猫達を守ろう・見守ろう・増やさない。依頼などはchigasakicatprotect@yahoo.co.jpまで。

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸⑤  TNR実施報告 キジ白 成猫 メス 【管:2017-0049】 【どうぶつ基金NO.0709】手術費用依頼主負担

2017/6/26実施報告

梅雨入りしてしまったので
天気予報とにらめっこな毎日。
この現場は民家の敷地内で
雨を避けられる場所があるから捕獲器も設置出来るけど
これが公園とか山の中とか森の中とか
雨を避けられない場所だと
捕獲延期になるので
本当に今回はラッキーなタイミングでスケジュール通りにTNRが進められています。
捕獲日は曇り、手術日が雨って日が多いのがラッキー。
⑤-1
お母さん猫さんたちにとっては
全然ラッキーじゃないと思います。
突然捕獲器が出てきて
ご飯が出されて
あら、いつものご飯のお皿と違うのね~♪
って疑いも無く入るわけですから。
なのに!!!
騙したわね!!!って感じですよ。
だからご立腹なのはとてもわかります。
⑤-2
でもこの現場の猫たちの殆どは
シャーシャーもあまり無くて攻撃性も無くて
比較的穏やかな子たちばかり。
まぁ育児もある程度落ち着いてきてたのもあったし
給餌者さんには慣れているので
そこまで野良っ気は強くないのかもです。
⑤-3
そんなお母さんたちも
手術の後はちょっと不機嫌。
いったいあなたは私に何をしたの?って顔をします。
ごめんね、手術をしました。
もう赤ちゃんを産めない体にしました。

でもそれによって
お母さんはお母さん自身のために生きることが出来ます。
もう発情のストレスや出産の痛み、育児の大変な思いをしなくて済みます。

個体によってストレス具合は違いますが
発情のストレスで全身の毛を舐め毟ってしまう子すら出るくらいに
発情のストレスは非常に強いものなのです。

そして避妊手術によって
彼らは子宮蓄膿症にならない体になります。

過去に子宮蓄膿症になってパンパンになったお腹の子を見ています。
そしてこの現場のあとに入った現場でも・・・。

子宮蓄膿症は痛いです。
物凄い痛いです。
そして子宮が破裂すれば死にます。
子宮の中には膿が沢山溜まっていき
破裂するのです。

破裂してしまえば救うことはできません。
痛みで猫さんは苦しむのです。

でも手術をしてあげれば
その痛みは経験することなく生きることが出来ますし
発情のストレスからも
出産の痛みからも
育児の大変さからも解放されます。
⑤-4

1回の手術で
沢山のメリットがあるのです。
デメリットは子孫を残せない位です。
肥満になりやすいとか言いますけど
それは飼い猫さんに限った事で
野良猫さんは運動量が家猫とは違いますから
手術した位でデブ猫になんて成りません。

外猫さんにとって
避妊手術はメリット以外無いと思っていただいた方が良いのです。
そして耳先にVカットを入れることで
二重手術を防ぐことが出来ます。
例え捕獲器に入ってしまったとしても
耳カットしてあれば
手術済みとわかります。

CCPで立ち入りした現場でCCPがTNRした子については
一目見ればウチでTNRした子かどうかはわかってますし
耳カットの形(同じVカットでもウチの先生が処置してくれてるカットの綺麗さは一目瞭然)でCCPの
協力獣医さんが実施してくれた猫さんだとすぐわかります。

カットの形は年齢を重ねるごとに少しずつ変わっていくというお話もありますが
私が今のところ見た限りでは
カットの角度は変化があまりなくて
パっと見でウチでやった耳カットだとすぐわかるんです。

だから二重オペは無いし
例え麻酔をかけたとしても
明らかに避妊手術だと思われる手術跡があると
先生は無駄に開腹しません。

人馴れしている子であれば
私も目視で手術済みかどうかわかりますし
お腹の中に糸が残っていれば
触ればわかりますし、
何よりも・・・

避妊手術済みの猫さんの体型は独得なのです。

だから一目瞭然。
殆どの子は
手術されているか、されてないか
痩せ具合でわかる・・・

そのくらいになるには
相当数をこなさないといけませんが
多くの猫たちが私たちに教えてくれた
経験が私たちの目を養ってくれました。

過去にTNRさせてくれた猫たち1匹1匹が
教えてくれた大切な経験です。
それを無駄にしない事が
更なる命を救う事に繋がると私は思っています。
⑤-5
キジ白 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸④  TNR実施報告 キジ白 成猫 メス 【管:2017-0048】 【どうぶつ基金NO.0708】手術費用依頼主負担

2017/6/26実施報告

仔猫はたちは協働事業枠対象で実施し、
親猫たち5匹はチケットを使って残金を依頼主さん負担になりました。

こちらは子猫と共に捕獲になった母猫さん。
④母-1
美人さんなキジ白さんです。
③④母子-2
この子・・・アメショ系っぽい柄がうっすら入ってるかも???
1番目の子のお母さんなのかなぁ??

④母-2
3匹のお母さんが3匹、4匹、3匹・・・産んだって言ってたような。
で、3匹がタヌキだかカラスにやられたので・・・

あれ?じゃぁあと4匹でいいのかな?

なんだかもうわからなくなってきました(大汗)

また2か月後に申請書出してもらって
それで最終チェックしましょう・・・
私が現場で見た残ってる子は三毛2匹とキジ系2匹だったので
4匹が残ってるのか・・・?
あとオス1匹がTNR出来てない(捕獲時に来なくてリリース時に帰ってきた)

この子のウンチからも回虫が出て来てたので
母子感染で子猫たちも漏れなく回虫のタマゴさんをゲットできます。
(お腹の中での感染や母乳からの感染)

回虫卵は、環境中での抵抗力が非常に強く、砂や土の中に混じって長期間生き続けるのですが
人畜共通感染症の一つ。
回虫は人にも感染する(回虫の卵が何らかの理由で口の中から体内に入り込む)こともあるので
猫が多い地区でトイレとなってしまっている砂場等は注意が必要です。


~人へ感染した場合~
■内臓移行型
発熱や全身の倦怠感、食欲不振などがあります
(幼虫が侵入する臓器によって症状が異なります)。
肺では咳や喘鳴(ぜんめい)を、
脳に達すればてんかん様発作の原因となると言われています。

■眼移行型
主な症状としては網膜脈絡炎、ブドウ膜炎、
網膜内腫瘤、硝子体混濁、網膜剥離による視力・視野障害、
霧視(むし)、飛蚊(ひぶん)症などがあります。
その他、神経型(しびれ、麻痺)や潜在型(アレルギーの原因)といった
新しい症状も指摘されています


そういったこともあり、保護した猫たちには
かならずドロンタールを飲ませて回虫・条虫の駆除を行いますし
ノミダニの駆除も行っていくわけです。

猫が回虫に感染していると
下痢だったり咳だったり
色々な症状が出ますが
凄い子はゲロっと吐いたものの中に
大量の回虫が居たという事もありました。

彼らは卵を産んでどんどん増えていきます。
栄養分をどんどん吸ってどんどん卵を産んでいくのです。

そして回虫によって栄養を吸われていくので
食べても食べても太らない。。。。
痩せていく、下痢をする等の症状が出てくるわけです。


④母-3
キジ白 メス 成猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度 どうぶつ基金【行政枠】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸③  TNR実施報告 キジ白 子猫 オス 【管:2017-0047】 【どうぶつ基金NO.0707】

2017/6/26実施報告

こっちのチビっ子はお母さんと共に捕獲。
でもこの子のお母さんなのかは謎・・・。

③(子)-1
こちらはしっかりキジ白!!!

月齢もしっかりしてるし手術も心配なく出来ました!
③④母子
生後4か月位に見えるんだけどな。
体格がいい子だけが育ったのかな・・・

③④母子-3
手術後の姿。
この写真の手前にうつりこんでいるウンチに
大量の回虫が入ってました。

いっぱい回虫が栄養分を取ってしまうので
たべても食べても太らないし
まだ食べるの!?って位食べます。

人馴れしている外猫さんなら
定期的にレボリューション付けてもらいたいものです。。。

リリースしたあと
この子はこの上でお座りしてキョロキョロ・・・。
お家に戻ってきたーって顔してました。
ホっとしたね。
給餌者さんにしっかりご飯もらってがんばって生きるんだよ!!

③(子)-2
キジ白 子猫 オス 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸②  TNR実施報告 キジ白 子猫 オス 【管:2017-0046】 【どうぶつ基金NO.0706】

2017/6/26実施報告

またまた子猫ちゃんが捕獲されてまして
ん~ちょっと手術には早いかな・・・と思ったんで
もしムリだったら秋にTNRするんでって言ったんですが
無事に手術が出来ました!
一安心♪

②
彼もアメショ柄が出ていますね。。。
お父ちゃんはダレなのかなぁ?

現場にはキジトラのオスとグレー系のオスがいますが
アメショ柄ではありません・・・
どこぞの現場から遠征してきたお父さんがいるのかな???

②-2
保護して里親探しになるのなら
すぐに里親さんが決まりそうなイケメン君。
でもこの現場はTNRのみ。
保護は出来ない現場です。

②-3
めっちゃイケメン君です。
②-4
タレ目具合がまたカワイイネ。。。
でもTNRなのだなぁ・・・

大自然の中で楽しく遊んで
しっかりご飯食べて
2か月後にまた会うときには
すっかりお兄ちゃんになって元気いっぱいでありますように。

②-5
キジ白 オス 子猫 去勢手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

6/26実施 T地区 N邸①  TNR実施報告 アメショ系キジ 子猫 メス 【管:2017-0045】 【どうぶつ基金NO.0705】

2017/6/26実施報告

連日のTNRで
病院の先生もクタクタだろうと思いますが
更に鬼のような現場に突入することになったのは
この現場が終わってすぐ・・・。

それじゃなくても忙しい業務の合間を縫って
予定では成猫メス3匹、オス2匹の現場だったんですが
申請書に追加でメス1匹になりメス4匹、オス2匹の現場に。
ムリをして全員手術してもらいました・・・ありがたいことです・・・(涙)

そして子猫は全部で8匹生まれていて
そのうち3匹は行方不明。(多分タヌキに食べられた)

といっても仔猫はあと5匹は居るわけで・・・

月齢的に微妙だったけど
手術してもらいました。

アメショ柄の美人な子です。
下の写真の手前右側の子。

19399803_1348460981935741_2522490453637655673_n.jpg
捕獲器は事前に保健所が届けてくださいました。
もう私はアチコチと現場に回ってて
捕獲器足りなくて。
保健所に残ってた捕獲器を先に届けてもらって
私が他の現場の捕獲器に入った子たちリリースして
洗って消毒して干した翌日に追加分を運ぶという流れに。
①-1
本当は親猫捕獲の予定だったんですが
捕まっちゃったしギリギリ手術できる月齢だろうと思われるので
手術しました。
①-2
目の前は交通量の多い道路なのですが
自宅側は自然豊かな環境で
交通事故死になるよりも
タヌキやカラスに襲われる危険の方が高い地区です。

①-3
手術終った翌日。
朝おはよーって声をかけたら
ウンチしてました。
コロコロの良いウンチで一安心。

が。

しかーし。

①-5
ウンチには回虫がいっぱい居ました。
自然豊かな環境で生きているのはイイのですが
漏れなくそういったモノとも同居することになるわけです。

今回の捕獲した8匹のうちウンチしてた3匹全員から回虫が出てました。
なので、この現場の子たちはみんな回虫持ってんだろうなぁ。。

残りの子猫たちは2か月後くらいにTNRに行きます。
①-4
アメショ柄系キジ メス 子猫 避妊手術済み フロントライン済み 耳カット済み

| 2017年度【協働事業 TNR実施報告】 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>